【営業時間】
月曜~土曜 9:00~17:30
※日曜休み

【大宮・休職社員の支援】会社(人事労務管理)にとって復職支援が重要な理由について

【大宮】休職社員への支援は会社全体で行おう!外部の復職支援プログラムも活用

大宮でも休職社員への支援は必要であり、復帰後にスムーズに働けるようにする復職支援を行います。しかし、企業によっては復職支援プログラムが簡素であり、社員が復職してもまた休職するケースもあるのです。こちらでは、会社にとっての復職支援内容の重要性を考えてみましょう。

会社・企業にとって復職支援が重要なワケとは?

考える男性

復職支援とは、メンタル不調で休職した社員がスムーズに会社に復職できるようにするプログラムです。決まった日時に施設や病院に通い、コミュニケーションやロールプレイを行い、病院での診断によるストレス状況をチェックします。復職支援は復職だけが目的ではありません。休職原因となったメンタル不調の根源を突き止め、復職後に再び不調が現れることがないようにするのです。

会社で仕事をしており、強いストレスを感じている社員は多いです。メンタルの不調で休職すると、復職後はメンタル不調を再発する可能性が高く、再発を繰り返すほど再発率は高くなり休職の可能性も高くなります。メンタルの不調に対しては初期対応が重要となるため、初期対応をおろそかにするとメンタル不調が長引くこともあるのです。誤った対応をすれば、不調を誘発し離職にもつながりかねません。

そして復職支援プログラムでは、休職中に療養に専念し、メンタル不調から回復して再発予防をした上で復職します。そのため、休職するにしてもただ単に休めばよいというわけではありません。メンタル不調の原因を突き止めるために、精神保健福祉士や臨床心理士のサポートも受けながら、なぜメンタル不調になったのか原因を把握します。原因がわからなければ、一時的にメンタルが回復しても、復職し会社で働くとまた不調をきたす可能性もあるのです。

テレワークでの復職支援

コロナ渦によって、テレワークを導入する会社が増えました。テレワークでは、従来のように出社する機会は減り、社員同士が対面でフォローする機会も減りました。そのために社員の精神状態を把握するのが難しく、対面で会話しないのでコミュニケーションも取りにくいです。従来のような復職支援プログラムは活用しにくいですが、その代わりにオンラインでのプログラムを活用します。

職場復帰プランの検討項目と作成手順について

メモを取る女性

復職復帰プランとしては、以下の項目を検討します。

  • 復職日
  • 管理監督者による配慮
  • 人事労務の対応
  • 産業医などから見た意見
  • フォローアップ

復職日を決めたら、管理監督者が業務上でどんなサポートを行うか、そして人事労務で復職する本人の状態にあわせて、フレックスタイム制や異動など働きやすい環境を整えます。また、産業医から復職支援内容についての助言をもらい、管理監督者や産業医が復職者をフォローしましょう。管理監督者としては労務管理などの支援を行ったことがなければ、休職者に対してどのように接すればいいかわからない方もいます。そのような場合は産業医などから意見を聞くとよいでしょう。

復職支援プラン作成

最初に主治医による判断を仰ぎ、復職可能かどうか決定します。主治医から復職可能と判断があっても、すぐに実行するのではなく、職場で業務を行える状態になっているか確認が必要です。職場復帰の可否判断は、休職者本人と主治医の他に、上司や産業医などからも意見を聞いて決めましょう。何人もの意見を聞いて総合的に判断するのです。メンタルは調子のよい日と悪い日があるので、精神が安定しているかどうかも確認します。復職するとなると、勤務時間や希望配属先など休職者本人の意見を聞き、その意見を考慮しましょう。場合によっては午後のみなどと、パートのような働き方も向いているかもしれません。

復職可能と判断したら、復職支援プランを作成します。いくつか段階を踏みながら、休職前の状態に戻れるようにしていきます。無理に急激に復職させると、再度メンタルの不調が現れると予想されます。より状態が悪化してしまうと、場合によっては離職も考えられます。計画を元に時間をかけて復職していき、そして本人に長く安定して働くことが重要だと理解してもらいましょう。復職すれば本人のみならず会社にも負担がかかります。そのために、会社全体として復職支援プログラムを整えることが大切です。

休職社員の復職支援プログラムは労務管理にも役立ちます

メンタル不調で休職すると、復職後にメンタル不調を再発するケースがあるために、スムーズな復職のための支援プログラムは重要です。支援するとなれば、会社の一部の人間のみ対応せず、会社全体で支援を行うのがよいでしょう。労務管理など支援プログラムでは何をすればよいのか考え、計画を立てていくのがおすすめです。また、外部事業のサポートを受ける方法も有効な手段といえます。

アイトライリワーク大宮は、休職者一人一人に合わせた復職支援を行っている事業所です。企業で人事労務管理をご担当の方向けに説明会や相談会も開催していますので、ご希望の方はお気軽にご相談ください。

ご見学や体験・お問い合わせはこちら

大宮の復職支援お役立ちコラム

大宮で休職社員や若手社員の支援をお考えならアイトライリワーク大宮へ

会社名 アイ・トライ合同会社
所在地 〒336-0021
埼玉県さいたま市南区別所6丁目4−25 NKGビル 2F/3F
TEL 048-753-9264
※弊社の電話には、訓練生が出ることがあります。
FAX 048-753-9265
営業時間 9:00~17:30
定休日 日曜日
代表社員 土田 敬之
創立 2014年7月
資本金 500万円
MAIL infom@itry.co.jp
事業内容 障がい福祉サービス
URL https://www.itry-rw.jp/

お問い合わせ

施設見学、お問い合わせ随時受付中!

ページトップへ戻る